MAGのプレイ環境一新でキル数アップ!

PCゲームの場合、インターネット回線の品質、PCそのものの性能などのプレイが左右されるのは有名な話しです。私自信もPS3だし、それほど環境毎に差がついたとしても気にならない程度だと思っていました。

旧プレイ環境として、プレイに影響を与えていた周辺機器等が下記です。

液晶テレビ:AQUOS 46インチ 回線:PLCアダプタ(コンセントLAN)

ブラウン管の場合は映像が遅延無しに表示されるのですが、液晶の場合、一度液晶側で映像を処理して表示するため、最低1フレーム、場合によってはそれ以上のフレーム数分が遅れて表示されると言われています。特にFPSや格闘ゲームとなると、それによる影響が著しくなります。

自分の旧環境の場合、体感で4フレーム以上遅れていると実感できていたため、下記の環境に変更しました。

液晶モニタ:rdt232wx 回線:有線LAN直付

液晶モニタは遅延が少ないと言われているものを選び、またレスポンスに影響を与えているかもしれないコンセントLANについても有線LANに変更することで、出来る限りの気になる点は改善しました。

ちなみに今まではリビングであぐらをかいてマウスでグリグリしていましたが、今はデスクトップで正しい姿勢でプレイしています(笑)

結果として、今までは1.4~1.7あたりでだぶついていたキルレートが、新環境になってからはキル数の底上げとともに2.0以上で安定しています。

既に色々と諦めてしまっている方や、環境について疑問に思っているかたは現在のプレイ環境を見直してみてはどうでしょうか。レスポンスがよいと色々と気持ちよくプレイできて楽しいです。

コメント / トラックバック2件

  1. I found the content of your article genuine. The ideas you shared, will benefit to all your readers. Appreciated!

コメントをどうぞ